女性だけではなく、男性の不妊治療も妊娠にはとても大切なものです。

男性にも不妊症があり、無精子病や乏精子病などの精子の問題や精索静脈瘤などの清掃の問題、EDや射精障害などがあります。男性不妊の検査は精液検査と超音波検査、問診を行い、精液検査では精子を採取し、検査結果によって治療を選択し開始します。
男性の不妊治療は、健康状態が良い事が重要ですから、生活習慣を見直し、改善することが大切です。
不妊の原因で一番多いものが精索静脈瘤で、不妊の方の4割ほどがこの病気にかかっていると言われています。この病は、精巣に血液が逆流し、精巣の静脈血管がコブ状に腫れている状態になっているもので、無症状な場合が多いですが、陰嚢部分に痛みや違和感を感じます。
静脈は血液を心臓に戻す血管ですが、内部のアツが低く、静脈内にある弁の働きが悪くなることで血液が逆流し、精索静脈瘤ができてしまうのです。血液が逆流しないように手術によって静脈を縛る方法や、静脈につめものをして血液の流れをせき止める治療法があります。

また、無精子症にかかっている場合でも、近代の医療技術の進歩により、子どもを授かる治療法が開発されています。精液検査で精子が確認できない場合、精巣精子採取法が最適な治療法になります。無精子症は閉塞性と非閉塞性に分けることができ、閉塞性のものは、精子の通り道である精巣上体や精管が詰まってしまい精液の中に精子が入ることができない状態で、非閉塞性は、精巣の中で精子形成機能がない状態か、機能が低下している状態なため、非閉塞性無精子症は精巣精子採取法が有効です。閉塞性無精子症は、閉塞部位を開通させる精路再建術を行う必要があります。

不妊状態から脱却するためには、男性が不妊を理解し、積極的に改善を行うようにすることが大切です。不妊に陥る理由に、仕事のストレスや抑圧的な環境、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足による血行不良、タバコや酒などの多量摂取があります。食生活を見直し、運動を生活の中に取り入れ、コンビニ食やインスタント食などは避けるようにします。お酒やタバコを控え、睡眠はしっかりとることを3ヶ月以上続けることは大切です。精子は作り出されて射精されるまで約70日程度かかります。
現代では、夫婦の妊娠力が低下しており、生活習慣や食生活の乱れが多くの原因です。
これらは自らの意思や努力で改善することができ、妊娠を目指すなら医療機関での不妊治療を受けると同時に自分の生活と体を振り返る必要があります。